開催情報

6月2日~4日 熊本F2情報です!

開催期間
レース名
熊本開催(F2)

出場選手

《主力選手の横顔》

◎日野 博幸(愛媛)30才 103期生
熊本にはチャレンジ3場所目に登場。連日、14秒台前半のタイムを記録しての3連勝で波に乗り、昨年末の伊東チャレンジファイナルで特班を決める。松山商業の時は外野手として2度甲子園に出場。四国アイランドリーグで頑張った苦労人は、今や師匠の浜田浩司(81期)を凌ぐ勢いなら、堂々のV候補。

◎川口 聖二(岐阜)20才 103期生
高校自転車界のエリートだった兄、公太朗(98期)の後を追って競技をスタートさせ、素晴らしい実績を残して、競輪学校には一発合格したホープは、兄より体は大きくスケールの大きさは上の評価。特別昇班は遅れたが、1・2班戦は全て優出で予選は全勝。優勝もここまで2回は真の実力。

◎高木 竜司(熊本)38才 82期生
兄とも師とも想っていた森内章之(64期)の引退はショックだったが、逆にやる気を出したのが、今年前半の快成績。しかし、良い事ばかりは続かず、痛恨の落車で、鎖骨骨折の不運。2ヶ月休んで復帰したけど、5割も戻ってなかったのが先月迄。今回は次期S級を臨んでの勝負の3日間。

◎山本 直(岡山)21才 101期生
兄、奨(94期)の活躍を見て、輪界入りを決意したガッツマンは、努力をいとわず、チャレンジは9連勝3連覇でクリヤーするや、主に捲りを主戦法に今期はVを量産して、来々期のS級を決定付ける。熊本バンクは3度経験しているので、苦手意識はゼロであれば狙うはVのみ。

◎小林 信晴(愛知)36才 83期生
頑なに前々自在を貫き通していたが、大ギア全盛時代に成り、戦法変換を余儀なくされた事もあり、突然勝てなく成り、陥落したが、A級ではラインの仲間に助けられて追い込み主体に好成績を収めて、S級返り咲きを決める。今回もライン大事の運行で、縦脚を生かす。

◎本村 隆文(岐阜)35才 81期生
高校の同級生で親友の加藤慎平とずっと行動を共にして、「闘心会」を立ち上げたが、現在は結婚を機に、大垣へホームバンクを移した事で別々にやっているが、仲は良好との事。体調崩した事もあって、A級に陥落したけど、今回は、頼もしい後輩、川口聖二の番手は約束されている。

◎高鍋 邦彰(福岡)27才 95期生
熊本出身の女流ボートレーサー、深川真奈美嬢との結婚を機に一念発起したのか、強烈無比のパワーを身に付けて、昨年後半の大活躍で、来期は初めてのS級入り。今期は単調な戦法が仇となり、苦戦を強いられているが、逃げる気持ちは不変。それは熊本バンクでも変わらない。

◎川口 秀人(徳島)48才 57期生
これがベテランの味だと言う事を堪能させてくれるレーサー。大ギアに成り、課題のダッシュは仲々克服出来ないが、ヤングパワーに離れてからが真価発揮で、空いたコースを探して、鋭く伸びて来る技術は絶品。熊本の長い直線は大好きなのか、これまでは好走続き。

◎山崎 岳志(佐賀)40才 74期生
どうして捲りを封印したのか、残念で堪らないが、これも年齢から来る体の衰えであれば、仕方ないのかも。それでも練習はしているので、チャンスは物にする脚には仕上げてるとの事。ここ数ヶ月は不振を極めていたが、今回は得意技にしているイン強襲で穴を演出。

レース展望

《A級展望》

【1・2班戦展望】

5月24日初日の別府記念場外発売から、7月6日終了の小松記念場外発売まで、ほぼ休み無しで続く狭間の、6月2日から3日間に開催されるFⅡシリーズ。1班にも実力S級の実力者が揃ってますが、2班には将来の競輪界を背負って立つ超大物の103期生が2人。

熊本2度目の日野博幸(愛媛)は野球で鍛えた抜群の身体能力で、チャレンジを特別昇班するや、強烈な先行・捲りで、1着を量産中。同じく特別昇班したのは、川口聖二(岐阜)。こっちは自転車の名門校出身のエリート。妥協せぬ自力で旋風を巻き起こしている中部の新星。日野の後位を固めるのは、味がある大ベテラン、川口秀人(徳島)。川口と連携するのは、先輩、本村隆文(岐阜)にオールラウンダー小林信晴(愛知)。

近畿からは、調子上げてる大型先行レーサー、高間悠平(福井)を先頭に、三橋政弘(和歌山)、片山弘城(大阪)。中国勢も強力で、来期のS級を決めている山本直(岡山)は先行より捲りが主戦法。後を固めるのは、大先輩、山根泰道(岡山)。

地元九州は、来月には晴れてS級戦士の仲間入りを果たす、高鍋邦彰(福岡)の先行には、長欠後だが復活したマーカー、田中孝法(福岡)、地元の実力者、高木竜司(熊本)は、次期S級に向けて違いを見せる。復調が待たれる山崎岳志(佐賀)だが、他地区と較べたら、厳しいのは確かな布陣。

他の1班には、筋金入りのマーカー、古原勝巳(大阪)堅実、林洋二(岐阜)。捲り鋭い、加藤大輔(大分)は準決勝突破候補。五十嵐博一(熊本)に、捲り主戦の東鉄也(三重)、自力・自在の蓮井祐輝(香川)。追い込み宣言をした、桶谷明誉(広島)に、やっと戻って来た前田義和(鹿児島)は予選ならばのレーサー。

2班には、日野と川口の外には、先行・捲りで売り出し中の、泉谷元樹(愛知)。そして復調が待たれる大ベテラン、宮路智裕(熊本)・上村常文(熊本)、近藤幸徳(愛知)、力ある取鳥敬一(岡山)、渡邊大善(福岡)は、予選での3連対候補。

【チャレンジ3班戦展望】

元甲子園球児、西山圭二(徳島)が、ここに来て急上昇。先行はしないが、捲り・追い込みと確立化させて待望の2班昇格を決める。高校(徳島商業)時代は、阿竹智史(90期)とクリーンナップを務め、ホームランをかっ飛ばしたスラッガーは、プロ野球を目指したが、阿竹に誘われて、小倉竜二(77期)に弟子入りしたもの。熊本は年に2・3回は走っている熟知バンク。

遅れてやって来た大物は、久島尚樹(宮崎)。自力主体にあきらめず前々に攻める事で、コンスタントに準決を突破しているホープ。荒削りだが鍛え方次第ではの先行レーサー、友永龍介(山口)が、今回の三本柱。

関東からは、自在の高橋俊英(群馬)に、追い込み主体の藤原拓世史(埼玉)捲り兼備の関口泰明(神奈川)が参戦。差脚切れる、井上将志(大阪)に、まだ若い塩田大輔(静岡)、田中宏城(福岡)、渡辺聖(神奈川)、斎藤敦(大阪)にも注目を。

イベント情報

レディースデー(3日間・女性の方は特別観覧席2・3F入場無料)

大吉キャンペーン(3日間・車券裏面に大吉マークがあった方に500円分のQUOカードプレゼント)

iPad 10台無料貸出サービス(3日間・インフォメーションコーナーにて申込)

スマートフォン用熊本競輪ARアプリ体験(いつでも)

スマートフォン用熊本競輪ARアプリについて

下記のリンクからからダウンロードしてお楽しみください。
iPhone/iPad用 iTunes AppStore URL: http://itun.es/jp/YMhWH.i
Android用 GooglePlayストアURL: http://bit.ly/R5lnN5

アプリ搭載選手
合志正臣 / 西川親幸 / 中川誠一郎 / 松川高大 / 服部克久

3D合志選手登場!
3D合志選手登場!

■熊本競輪ARアプリの楽しみ方
○通常モード
競輪選手のコミカルな3Dキャラクターが出現します。
カメラボタンで選手のキャラクターを撮影できます。
取った写真をFacebookに投稿できます。
○熊本競輪場ARモード
画面左上の「SP」ボタンをタップし、熊本競輪場に設置されている選手等身大パネルのARマーカーを写すと、超レアものの選手アニメーションをみることができます。

目印はこの看板です!

目印はこの看板です!

塚本一之先生の競輪教室

塚本一之先生の競輪教室

初心者の方へ
熊本競輪場東門から入って右手のインフォメーションコーナーでは、競輪に関するレクチャーを行っております。
いつでも、お気軽にお尋ねください!ダンディな元競輪選手が丁寧にご説明いたします。

若者、ファミリー、女性、初心者の方、大歓迎です!

インフォメーションコーナーの場所はこちらです。GoogleMap