開催情報

9月17日~19日 熊本開催F2

開催期間
レース名
熊本開催(F2)

レース展望

《A級展望》

【1・2班戦展望】

京王閣オールスターと向日町記念の場外発売の狭間に開催されるA級戦は、前半が7車立のチャレンジで、後半は昔日の競輪競走を楽しめる1・2班戦。確かにトップクラスが、4回転強のギヤでスピードを競うレースも迫力はありますが、ラインを大事に、調子の良し悪しがストレートに出る競走形態は、車券を購入されるファンには魅力たっぷり。平日ですが、秋も深まる競輪場で生のレースを堪能して貰えればの3日間です。

主役は、2班なので予選スタートに甘んじる事に成った、横関裕樹(岐阜)、先行より捲り主戦は、両刀の剣でも抜群の安定感は実力の証明。連携するのは、来期のS級復帰はほぼ確定している、西村豊(三重)。落車明けの自力型、外山三平(愛知)までが中部ライン。近畿は、熊本バンクを得意にしている鷲田幸司(福井)の自在戦には、復帰戦に成りそうなベテラン中澤孝之(大阪)。瀬戸内は、ハイパワーの河上泰範(高知)には、捲り兼備の伊藤大彦(徳島)。調子上げてる細川貴史(広島)でライン形成。地元九州勢は奮起が望まれるホープ本郷雄三(熊本)が、しっかり仕上げての参戦。後は、良永浩一・松尾信太郎の福岡コンビ。他の1班には、捌きに差脚がここにきて冴えてる原敬次(佐賀)。地元有利は、田川辰二に塚本大樹。実弟、龍徳(101期)に続けは近藤良太(愛知)。先行より捲りに転じた、宮崎康司(香川)に力ある若者中川繁樹(京都)は、予選確勝級。2班には、突出している、横関以外にも、予選で狙える自力型は、先月は玉名で練習していた奥出健士郎(福井)に、ハンサムボーイ高橋清太郎(岡山)は、準決突破も。追い込み型では、大川英二(和歌山)に、小倉ミッドナイトで優出したばかりの三好英次(香川)。熊本は好走しているイメージがある小塚潤(愛知)は、3連対には欠かせない実力者。

【チャレンジ3班戦展望】

熊本は2度目に成る岡嶋登(大阪)は、今や師の伊藤成紀(90期)以上のパワーを有す大ホープ。長距離走なら4000m個人追い抜きに、エリミネーションと国内では敵無し。前期の1・2班戦では常に1周半以上は風を切り、立派に1班をキープ。チャレンジ戦でも逃げに徹して、9割り以上が逃げ切りの安定度は、無条件でVの有力候補。プロ野球(阪神タイガース)出身は萱島大介(大分)、前期の1・2班戦で掴んだ自信は絶大で、あの大塚健一郎(81期)が、「練習では僕より強い。必ず特別昇班しますよ」のお墨付き。岡嶋とは対照的に、強烈捲りが主戦法。展開次第では、追い込みをこなす溝口政宗(兵庫)、山田裕哉(岐阜)、中田博之(富山)、水木裕聡(高知)に、自力一辺倒の中村賢二(愛知)。降班のマーカー板橋常晶(岐阜)、山下政孝(佐賀)、新納大輝(鹿児島)は厳しい状況。

《主力選手の横顔》

◎横関 裕樹(岐阜)25才 99期生
今年は8月迄は優勝こそ2回ながら、ギアを上げる事によってスタミナ不足を解消しての快進撃。得意の捲りに磨きを掛け、先行しても1周以上は大丈夫のスピードに持久力は圧巻。熊本はチャレンジで2回出走しているのも有利で、無傷の3連勝が期待大。

◎中澤 孝之(大阪)48才 56期生
昨年のスタートで落車、それも骨盤骨折の重傷。半年以上休み、復活してからは、気力溢れる運行で好走の連続。6月静岡の落車で、先月末から再起したが、走ると決めた以上はそれなりに仕上げる本物のプロ。今回はメンバー・展開に関係なく連対果たしてる大ベテラン。

◎西村 豊(三重)33才 84期生
50歳に成ってもS級上位で頑張ってる萩原操(51期)に激励されて、やる気再燃した気力優先の気鋭。前期のS級戦は自力を応用する事で何とか点数はキープしたが、久し振りのA級戦に戸惑っているのは不安。しかし、2ヶ月余の経験で狙うは久々のV。

◎伊藤 大彦(徳島)30才 89期生
凄い素質を有しているのに、努力不足かS級に定着出来ずにいたが、前期のS級戦は、後半大暴れ。その勢いが7月高松戦の優勝。タイプとして、位置には拘らないが決め脚はシャープで、たまに放つ捲りは強力。今回は四国の後輩、河上泰範の番手有利。

◎鷲田 幸司(福井)27才 92期生
支部長を務める渡辺航平の右腕として、福井輪界のために頑張ってる感心なレーサー。熊本バンクは、何度も経験しているので、苦が手意識はほぼゼロ。今回のメンバーなら、3日間位置を決めず、自由・自在の道を選ぶのでは。調子・脚力共にVの有力候補。

◎松尾 信太郎(福岡)30才 92期生
長い間、優勝には縁が無かったのに、大きな壁を破るや、堰を切った様に、今年は早くもV4で、来期の初S級を決定付ける。兄とも師とも慕う園田匠(87期)との練習で、ちゃんとした脚力を身に付けての快進撃。中途半端な自力は極力出さず、追い込み主体に変えたのも成功の要因。

◎本郷 雄三(熊本)25才 99期生
一時期の勢いなら先を行く松岡貴久・松川高大に肩を並べる日は近いと期待されたのに、武田豊樹(88期)から譲って貰ったフレームが合わなかったのか、信じられぬ大スランプ。このまま落ち行くのか、それともこの経験を生かし、スターへの階段を登るかは、今回が勝負に成る。

◎良永 浩一(福岡)34才 86期生
高校・大学迄は、陸上短距離走で活躍。その運動神経を生かし切っているとは言えないが、今年は自力より追い込み主体の運行で成績安定。小倉ナイターでの3連勝を機に、決勝戦の常連に定着。今期は真剣にS級返り咲きを狙っているなら、優出は最低限のノルマ。

◎河上 泰範(高知)29才 98期生
前期迄は2班格付けだったので、予選で力の半分以上を使い切り、尻すぼみに終わっていたが、今期は1班。特選シードも多く成り、成績は安定しているのは事実。熊本は7月に走ったばかり。スタミナを考えての先行・捲りでリベンジを誓い、狙うは優勝。

イベント情報

レディースデー(3日間・女性の方は特別観覧席2・3F入場無料)

大吉キャンペーン(3日間・車券裏面に大吉マークがあった方に500円分のQUOカードプレゼント)

iPad10台無料貸出サービス(3日間・インフォメーションコーナーにて申込)

熊本競輪ARアプリ体験(いつでも)

巨大くまモンと記念撮影できる、競輪場だけの「くまフォト」体験(いつでも)

巨大くまモン写真

スマホアプリ「くまフォト」でこんな写真が撮れます!

巨大くまモン出現!

スマホアプリ「くまフォト」で巨大くまモンと記念撮影ができますよ~!

巨大くまモンは熊本競輪場だけ!

くまフォトのダウンロードはこちら Android iPhone/iPad