熊本競輪F2は竹下翔選手優勝!!

優勝!竹下翔!!

優勝!竹下翔!!


キマシタ!竹下翔選手(熊本101期)、堂々の優勝です!
今年7月にA級2班に昇格して初めての優勝!おめでとうございますっ!!

スタート前、スタンドからは野球帽の年配の男性が声がかれるほどの声援。「タケシタ~!ホンゴ~!タケシタ~!ホンゴ~!・・・」
話を聞くと、「オレはね、競輪はよく知らんとタイ。でも熊本の選手を応援したくて来てるとタイ・・・」話しているコチラが胸が熱くなりました。

竹下選手の優勝が決まった後、隣でも声を震わせている人が・・・。
「雄三(本郷選手)がホームストレッチから行ったろ・・・雄三も勝ちたいはず。でも先行するって決めた瞬間から竹下を勝たせるために身を捨てて先行してくれた。ライン3番手の松尾(信太郎選手・福岡)も捲ろうと思えばイケたのに、番手の仕事(後ろから来た9番選手をブロック)をした・・・。こういう男気のあるレースを見せてくれた。感動した・・・。」

記録だけを見れば「優勝=竹下翔選手」「9着=本郷雄三選手」ですが、ナマのレースはいろいろな感動を見る人に与えてくれるのです。

9月19日(木)16:20発走の最終10レース。感動の熊本競輪場でした。