競輪学校入学直前・・・センパイから

春は出会いと別れの季節です。

この春、熊本から5名の若者が競輪学校に入学します。(男性4名・女性1名)

今日は、その中のお二人がバンクで練習されていました。

お二人とも優しい先輩(松本大地選手・松岡孝高選手)からいろいろと教わっていました。

 

「頑張ってこいよ」というあたたかい声かけをする松本大地選手(熊本81期)

「頑張ってこいよ」というあたたかい声かけをする松本大地選手(写真右・熊本81期)と上野さん(同左)

上野優太さん(うえのゆうた・20歳)は熊本国府高校卒。

高校はアスリートコースという学科で野球に打ち込んでいたそうです。

「頑張れよ」と、松本大地選手(熊本81期)から背中を押してもらった上野さん。

早くS級に上がってもらって上野優太・松本大地ラインを見たいですね~。


「頑張ってくるように」という上からアドバイス

「頑張ってくるように」という上から目線の激励(笑)をする松岡孝高選手(写真左・熊本98期)と嘉永さん(同右)

かたや、嘉永泰斗さん(かながたいと・19歳)は、松岡孝高選手(熊本98期)から、「頑張ってくるように」と上から目線の激励(笑)

嘉永さんは熊本では競輪選手を多数輩出してきた名門九州学院高校自転車部出身。

九州学院高校の大先輩、倉岡慎太郎選手(熊本59期)のように華麗な走りと人情味のあるキャラクターを実現して欲しいですね。

熊本のYAZAWA来ましたw

熊本のYAZAWA来ましたw

お二人には、震災に負けずに熊本を競輪で盛り上げていく原動力になって欲しいです!がんばれ!!