開設70周年記念 阿波おどり杯争覇戦 GⅢ 小松島競輪

明日より、開設70周年記念 阿波おどり杯争覇戦 GⅢ の場外発売を行います。

小松島競輪場は周長400mで、4コーナーからの 直線は55.5メートルです。クセのないバンクで選手は走り易さを口にする。直線も内、外で伸びの差もなく、力勝負が繰り広げられます。名物は小松島湾から吹き荒れる風。海風によって大きく影響を受ける選手たちは、メンバーだけでなく風とも戦わなければならず、複雑な心境です。夏はバックが追い風で高速バンクと化し自力型の台頭が目立つ。冬場は一転、強い向かい風となり、先行型は苦戦を強いられます。捲りは早めか、捲り追い込みが決まり易いようです。海風バンクは、スタート直後は風を感じなかったのに、打鐘の時に突風が吹いてきた・・・なんて事も起きるので、予想した選手が頑張る時に、突風が吹かないことを祈ります。

1着の決まり手 逃げ(19%)捲り(34%)差し(47%)
2着の決まり手 逃げ(18%)捲り(16%)差し(30%)マーク(36%)

熊本からは、中川誠一郎・西川親幸・佐方良行・上田尭弥 の4名が出走します。

応援よろしくお願いします。