お知らせ

開設67周年記念「第22回中野カップレース」久留米競輪GⅢ

久留米G1明日より

明日より、開設67周年記念「第22回中野カップレース」久留米競輪GⅢ場外発売です。

久留米競輪場は、周長400mで、4コーナーからの 直線は50.7メートルです。
カントがあり、クセのないバンクです。捲りも決まるし、コーナーで流れるようにスムーズに踏めるので、先行でも結構粘れてスピードのある自力タイプに向いています。
追い込みは、最終4コーナーで3~4番手にいれば、中バンクを突き抜けることも可能です。
競りは内、外でほぼ互角。
風向きはバック向かいが多いが、天候によって異なることもあります。ただし、競走に大きな影響を与えるような突風は少ないです。

1着の決まり手が、逃げ(21%)・捲り(36%)・差し(43%)
2着の決まり手が、逃げ(16%)・捲り(17%)・差し(28%)・マーク(39%)です。

2月にここ久留米で開催された全日本選抜から今年開催されたすべてのGⅠで決勝に進出し、高松宮記念杯を制した新田祐大にダービーを制した村上義弘、地元福岡の園田匠とSS班3人が参戦します。