開設64周年記念「ゴールドウイング賞」西武園競輪GⅢ

main

 

開設64周年記念「ゴールドウイング賞」西武園競輪GⅢ場外発売です。

西武園競輪場は周長400mで、4コーナーからの直線が47.6mと、もともと500mだったバンクの名残からカント(傾斜角)が浅く直線が短い、333mバンクに似た性格のバンクと言われています。

1着の決まり手が、逃げ(25%)・捲り(34%)・差し(41%)
2着の決まり手が、逃げ(18%)・捲り(15%)・差し(24%)・マーク(43%)です。

捲りは決まりずらいと言われていて、ラインでの決着が少なくないバンク。
位置取りの有利さを活かして内枠(1~3枠)の選手が連に絡むことが多いです。

4月から記念開催の概定番組が変更となり、初日から3日目までは12レース制で争われます。平原康多、深谷知広、成田和也のSS班3名が参戦する豪華な顔ぶれ、4日間に渡って繰り広げられるハイレベルなV争いは必見です。