お知らせ

開設63周年記念「蒲生氏郷杯王座競輪」松阪競輪GⅢ

松阪記念

開設63周年記念「蒲生氏郷杯王座競輪」松阪競輪GⅢ場外発売です。
(15日・16日は、9・10・11Rの併売となります。)

松阪競輪場は、周長400m、4コーナーからの直線が61.5mと癖のないバンクです。

1着の決まり手が、逃げ(20%)・捲り(30%)・差し(50%)
2着の決まり手が、逃げ(17%)・捲り(21%)・差し(32%)・マーク(31%)です。

なんでも戦法が決まる癖のないバンクですが、センター部のカント(傾斜)が400バンクが揃う中部地区最大の34度25分あるため、コーナーを乗り越えるためには、捲りはBSで捲り切らないとキツくなります。
特に今の季節は、3コーナーで向かい風になるため地元選手は、「捲りは早めの方が決まるね!直線はどのコースも伸びるし、走りやすいバンクです。」と語っています。
私がバンクを走った感じでは、3コーナーの向かい風は「突風」に思えました。

昨年に続き連覇を狙う地元「浅井康太」選手の活躍に注目が集まります。