お知らせ

開設62周年記念「泗水杯争奪戦」四日市競輪GⅢ

四日市記念

開設62周年記念「泗水杯争奪戦」四日市競輪GⅢ場外発売です。

四日市競輪場は、周長400mで、4コーナーからの直線が62.4m。平成9年に全面改修し、コーナー部分が短く400mバンクとしては直線が長いバンクに生れかわりました。

1着の決まり手が、逃げ(16%)・捲り(33%)・差し(51%)
2着の決まり手が、逃げ(21%)・捲り(20%)・差し(28%)・マーク(31%)です。
決まり手からみると先行は不利だが捲りは外に膨らまず、捲り追い込みも決まるようです。
直線が長いので3・4番手からでも脚をタメて回れば勝負できそうです。
地元選手のコメントから推理すると、早めに仕掛ける自力型の番手選手、横ができて中断をキープできる捲り選手が有利となるが・・・、いずれにしても500mバンクに近い直線の長さがあり、車券の狙い目は徹底先行の番手か、番手の選手が仕事をして3・4番手で脚をタメて回る選手となりそうです。

記念競輪(GⅢ)以外はすべてナイター開催の四日市競輪場・・・年に一度のデイゲームです。
前検日はバンクを真っ白に埋め尽くすほどの大雪になり、検査を済ませた選手たちは
ローラーなどで体を動かしたようです。
今日からの4日間、寒波を吹き飛ばす熱い走りに注目しましょう。