お知らせ

開場63周年記念「毛織王冠争奪戦」一宮競輪GⅢ

一宮競輪場

開場63周年記念「毛織王冠争奪戦」一宮競輪GⅢ場外発売です。

一宮競輪場は、周長400m・4コーナーからの直線が64.4mと、400バンクでありながら500バンク並に長く、400バンクの中では武雄競輪場と並んで、日本一の直線距離であります。
直線が長いということは、差し・追い込み選手に有利なバンクとも言えます。

1着の決まり手が、逃げ(23%)・捲り(32%)・差し(45%)
2着の決まり手が、逃げ(17%)・捲り(14%)・差し(29%)・マーク(40%)となります。

一宮競輪場といえば「突風」が吹くことが先行選手の悩みの一つでもあり、対戦相手が増えたような感じです。
また、選手控え室からバンク敢闘門の直前控え室までが日本一長い競輪場で、レースの準備を整えた選手が忘れ物でもしようものなら、息を切らせて取りに戻らなければならなくなりました。(>_<) レースを終えた選手の自転車を「お疲れ様」と、同県の選手とかが持ってあげるのが選手間の恒例になっているのですが、敢闘門までが遠いと自転車取りも一大イベントになります。(^O^) そんな一宮競輪場も来年の3月いっぱいで廃止が決まっています。最後の記念競輪を楽しみましょう。