第29回 寬仁親王牌 世界選手権記念トーナメント GⅠ 前橋競輪

明日より、第29回 寬仁親王牌 世界選手権記念トーナメント GⅠ 前橋競輪 の場外発売を行います。

前橋競輪場は、周長335mで4コーナーからの直線は46.7mです。日本最初のドームバンクで日本最大カント(36°)を誇る超高速バンクです。見なし直線は短走路7場で最長となり、先行屋とハコ展開の追い込み屋で互角の勝負となってます。先行は打鐘過ぎから山降ろし使ったカマシが効果的で、捲りは決まる定点が無く前団のカカリ次第です。競りはインが断然有利となってます。決まり手が示すようにどんな戦法も決まるバンクですが、高速バンクなので、日本の「競輪」より世界選手権など自転車競技の「ケイリン」を得意とするダッシュ力のある選手が有利と言えます。めまぐるしく変わる競走展開の読みがポイントです。

1着の決まり手 逃げ(30%)捲り(33%)差し(37%)
2着の決まり手 逃げ(23%)捲り(14%)差し(17%)マーク(46%)

熊本からは、中川誠一郎・松岡貴久 の2名が出走します。

応援よろしくお願いします。