お知らせ

第24回西日本カップ『柴田勝家賞』福井競輪FⅠ

明日より第24回西日本カップ『柴田勝家賞』福井競輪FⅠ場外発売です。(被災地支援競輪サマーナイトフェスティバル 川崎競輪GⅡと併売です。)

福井競輪場は周長400mで、4コーナーからの 直線は52.8メートルです。
1着の決まり手が、逃げ(26%)・捲り(31%)・差し(43%)
2着の決まり手が、逃げ(17%)・捲り(15%)・差し(26%)・マーク(42%)
日本競輪学校をモデルにして作られている400mバンクで、クセがなく「逃げ」「差し」「まくり」が均等に決まるといわれています。
バンクを熟知している地元選手に特徴を聞いてみると、追い込みタイプの代表としての澤田光浩選手は、「全国でもオーソドックスな400バンクじゃないかな。直線も短いという印象はない。特徴のないのがこのバンクの特徴ですわ。」と笑い、コーナーでの競り合いや直線で伸びるコースも「企業秘密とかじゃなくて、そういうクセは全くない」とか。風の影響については「バックは追い風だが、ホームで向かい風を感じないからタイムが出る」とのこと。自在型の市田佳寿浩選手は「誰にでもチャンスはある。強い人、展開が噛み合った人が勝てるバンク」と話しています。「先行でも逃げ切れるし、またどんなに先行が掛かっていても力があれば捲れる。高速バンクなので、僕にとっては直線が短く感じます」と本当の力勝負ができるバンクと言えるでしょう。