第19回 スパーク33チャンピオンシップ 松戸競輪 F1

明日より、第19回 スパーク33チャンピオンシップ 松戸競輪 F1の場外発売を行います。(佐世保ナイター F1と併売です)

松戸競輪場は周長333mで、4コーナーからの直線が、38.2mです。全国の中でも直線が短く、機動型有利の短走路で逃げ有利なレースになりやすく、捲りを決めるならば残り一周から駆け出し、2コーナーからバックまでに前団を飲み込むとすんなり決まるようです。カントがきつく競りはイン有利。風向き次第でインが重くなれば、アウト競りでも耐えられカマシも決まる。打鐘過ぎ2Cから先行型は山降ろしを効かせるか、捲り屋は中団確保から1C手前で仕掛けられるかが鍵。追い込み型はハコ展開か後方なら空いたインを突けば前団に迫れる。ラインが上位独占する事が多い為、筋違いは好配当が期待出来ます。後手を踏むと本命を背負った選手が何も出来ずに着外に沈む事もあります。

1着の決まり手 逃げ(26%)捲り(38%)差し(36%)
2着の決まり手 逃げ(23%)捲り(14%)差し(20%)マーク(43%)

熊本からは、S級 新井秀明・松岡孝高 の2名が出走します。

応援よろしくお願いします。