お知らせ

東日本発祥65周年記念「倉茂記念杯」大宮競輪GⅢ

omiya65_hpbn

東日本発祥65周年記念「倉茂記念杯」大宮競輪GⅢ場外発売です。

大宮競輪場は、周長500mで、4コーナーからの直線が66.7mと長くカント(傾斜)が深い。外よりも中コースが伸びる特徴があるために4コーナーで中段位置の脚力がある選手が伸びてくることもある。 風の影響もあり重いバンクで差し・追い込み有利と言えます。

1着の決まり手が、逃げ(19%)・捲り(24%)・差し(57%)
2着の決まり手が、逃げ(12%)・捲り(10%)・差し(42%)・マーク(36%)です。

大宮記念は過去4回、西武園記念を2回と地元記念を総計6回制覇、地元記念マスターの称号を持つ「平原康多」。
競技と競輪は両立可能。その証明存在とも言える競輪界の希望の星「新田祐大」。
注目のSS対決となりそうです。