東京中日スポーツ杯争奪戦 西武園競輪 F1

明日より、東京中日スポーツ杯争奪戦 西武園競輪 F1 の場外発売を行います。

西武園競輪場は周長400mで、4コーナーからの直線が47.6mと、もともと500mだったバンクの名残からカント(傾斜角)が浅く直線が短い、333mバンクに似た性格のバンクと言われています。カントが緩く短い直線が最大の特徴。補修箇所が多くガタつきが目立つが軽めのバンク。捲りが出にくいといわれ、仕掛け所は1角過ぎ辺りと少なく先手ラインが有利。ただ、向きの一定しない強風や冬期は冷え込みが激しく先行型を苦しめることも。3、4角から中バンク内寄りに強襲コースがあり、競りはイン優勢のようです。

1着の決まり手 逃げ(22%)捲り(35%)差し(43%)
2着の決まり手 逃げ(18%)捲り(14%)差し(26%)マーク(42%)

熊本からは、参加していません。