日本トーター杯争奪戦 豊橋競輪 F1

明日より、日本トーター杯争奪戦 豊橋競輪 F1の場外発売を行います。

豊橋競輪場は、周長400m、4コーナーからの直線が60.3mです。見なし直線が長い方ですがクセのない競輪場。競りは常識的にイン有利だが、ホームはインが重い。逃げは最終ホームからスピードを上げてカマし切るのが良く、捲りは2コーナー手前位から早めに仕掛けると決まり易いようです。地元の選手によると「冬場の強烈なバック向かい風とは打って変わって記念が開催される頃はバック追い風で車がよく流れてくれる。その分、自力型が若干有利かな?と思うが、戦法による有利不利は無いに等しいでしょうね!」と言ってますが、1着の決まり手48%「差し」というデータを見ると季節に関係なく、追い込み選手有利な競輪場でしょうか。

1着の決まり手 逃げ(19%)・捲り(33%)・差し(48%)
2着の決まり手 逃げ(16%)・捲り(16%)・差し(31%)・マーク(37%)

熊本からは、S級 西川親幸 A級 園田鉄平・塚本大樹・徳永哲人の4名が出走します。

応援よろしくお願いします。