お知らせ

平成28年熊本地震被災地支援競輪・第58回朝日新聞社杯「競輪祭」小倉競輪GⅠ

2016%e5%b0%8f%e5%80%89%e7%ab%b6%e8%bc%aa%e7%a5%adg%ef%bc%91%e6%98%8e%e6%97%a5%e3%82%88%e3%82%8a

明日より平成28年熊本地震被災地支援競輪・第58回朝日新聞社杯「競輪祭」小倉競輪GⅠ場外発売です。

小倉競輪場(北九州メディアドーム)は周長400m(1周400mの屋根付き自転車走路としては 世界最大規模)、4コーナーからの直線が56.9mで、「走りやすさ」をテーマに設計されました。 したがって、設計速度は選手の脚力の向上を考えてできるだけ速いこと、緩和曲線(コーナーから 直線に移るつなぎ部分)が長くてスムーズなこと、直線部分の勾配は外側へのふくれをおさえるため 出来るだけ大きくすること等がレースを白熱化させ、選手にとっても好まれるバンクと言われています。 以上の要素は相反する内容となっており、400mの中でどのように組み合わせてバランス良く設計する かがポイントです。 小倉競輪場のバンクは全国50箇所の既設競輪場のデータから最も良い組み合わせで設計されました。

1着の決まり手が、逃げ(25%)・捲り(34%)・差し(41%)
2着の決まり手が、逃げ(18%)・捲り(16%)・差し(26%)マーク(41%)です。
室内の追い風も向かい風もない高速400mバンクなので、追い込み選手やダッシュ力のある選手が 有利となります。(室内バンクは最初すごく軽く感じられますが、パワーがなくなってくると、 全部が向かい風に感じてきます。)