お知らせ

富山競輪開設62周年記念「瑞峰立山賞争奪戦」GⅢ

瑞峰立山賞富山記念

本日より富山競輪GⅢ場外発売が始まります。
ここ富山競輪場は、九州の選手など地方から参加する選手には少々苦労がかかります。 九州から富山空港への直行便がないために、まず羽田空港へ飛んでから、富山へ飛ぶか、 お隣の石川県小松空港へ飛んで、選手みんなでジャンボタクシーを貸し切るか、空港から バスや電車を乗り継いで行くか、大阪へ行って、北陸本線サンダーバード3時間51分の 旅になります。

富山記念写真

どちらにしても長旅になるのですが、富山駅に到着すると、ライトレール「ポートラム」 (路面電車)が待っています。7色のカラーがあり、特に赤い車両にカップルで乗車すると、 恋愛成就が叶うという都市伝説があり、恋愛でなくても偶然乗り合わせれば、不思議と競走成績がよくなるような気になってくるのです。 この電車は、200 円で富山競輪場の真ん前に停車するのですが、JR 時代競輪開催時の臨時駅 だったのが、今では、競輪のマークが大きく表示され常設駅となっています。
移動には苦労するのですが、到着すれば美味しい食事が待っています。
選手食堂には「ずわいがに」をはじめ、「白エビ」「バイ貝」「たら汁」「ます寿司」や、 富山ブラックで有名な「富山ラーメン」など、ワクワクしてきます。
長旅の疲れを癒し、いよいよ競走が始まります。
一周333m・直線43mの小回りバンクで、海に近い事もあり、突風が大敵です。
333mバンクの特性では、少々力の劣る先行ラインでも先行してしまえば残ってしまうような 事も多々起こるのですが、逃げ27%・捲り34%・差し40%と意外と捲りが決まるバンク でもあります。 データを重視するか、直感を信じるか、あなた次第!・・・。
富山競輪GⅢを楽しみましょう。