お知らせ

千葉競輪開設68周年記念 滝澤正光杯 GⅢ

明日より、千葉競輪開設68周年記念 滝澤正光杯 GⅢの場外発売を行います。(京王閣ナイターと併売です)

千葉競輪場は周長500m、4コーナからの直線が60mと短めでカント(傾斜)がゆるいので、先行型のハンデは少ないが、コーナー捲りは不利になります 。500では直線が短くカントは浅めで、先行でも残れ、捲りは早めに出切るか2Cから遅めの仕掛けが得策です。風の向きと強弱が与える影響大でバック追い風の時は先行有利。競りは内外互角で2角を乗り越えれば外が優勢。’15年夏季にウォークトップを塗り替え鮮明な青色走路になり「軽くなりタイムが出る」と評判です。千葉競輪場といえば「滝澤正光」と言う名前が出てきます。現役時代から「滝澤先生」の愛称で有名だったのですが、引退後競輪学校の校長に就任、まさに先生と呼ばれ活躍されています。現役時代「怪物」と呼ばれ、徹底先行でグランドスラムを達成されました。

1着の決まり手 逃げ(16%)・捲り(28%)・差し(56%)
2着の決まり手 逃げ(15%)・捲り(13%)・差し(39%)・マーク(33%)

熊本からは、松本大地の1名が出走します。

応援よろしくお願いします。