函館競輪 開設67周年記念 五稜郭杯争奪戦 GⅢ

明日より、函館競輪 開設67周年記念 五稜郭杯争奪戦 GⅢ の場外発売を行います。(松戸ナイター F1と併売です)

函館競輪場は周長400mで、4コーナーからの 直線は51.3メートルです。’02年度に全面改築を行いクセのない走路になりました。以前に比べて直線が長くなりゴール前の強襲劇が増えたようですが、選手によれば「以前に比べ直線短くなったように感じる」とのこと。これは,ゴール線の位置が以前より手前になったからでしょうか?カントが浅く皿状のバンクだったものが縦長に改築され、コーナーで浮くことはなく外でも粘れる。カマシは打鐘過ぎに仕掛け1コーナーで出切るのが理想で、捲りも決まりやすい。競りは内外での差はないようです。また、海からの強風を防ぐため、海側(1センター)に防風壁を設置してあります。

1着の決まり手 逃げ(20%)・捲り(32%)・差し(48%)

2着の決まり手 逃げ(15%)・捲り(17%)・差し(35%)・マーク(33%)

熊本からは、中川誠一郎・島田竜二・東矢昇太・松岡孔明の4名が出走します。

応援よろしくお願いします。