お知らせ

「燦燦ダイヤモンドカップ争奪戦」松戸競輪GⅢ

松戸記念

お盆休み最終日ですが、松戸競輪GⅢ「燦燦ダイヤモンドカップ争奪戦」が始まります。
先日の富山競輪に続いて、333mバンクになりますが、ゴール直線が38mと、富山より約5m短くなり、ライン先頭の「先行」「捲り」の選手が有利になると思われます。
JR常盤線でいわき平競輪場に向かう途中に松戸を通って行くので、ここに松戸競輪場があるんだと場所はわかるのですが、残念なことに私自身松戸バンクは走った経験がないもので、経験のある方にお聞きしてきました。
1着の決まり手は「逃げ」30%・「捲り」37%・「差し」32%と微妙に捲り選手有利なバンクと言えます。直線が短いと言うことは、追い込む際に中割りや内側をすくって行かないと間に合わなくなると思われますが、4回転ギアーの特性から落車や失格のリスクが高く、難しくなってきます。
瞬間のスピードに自信を持つ、捲り追い込みを得意とする選手の「ロケットダッシュ高タイム大外一気」が見られるかもしれません。
楽しみなことに本日12Rには「ワールドステージ」レースが行われ、外国人選手2名を含む、ワールドクラスの選手が顔を揃えています。
連日の猛暑に負けない・・・あつい・熱い走りに乞うご期待!