お知らせ

「市営第1回」伊東温泉競輪FⅠと「サテライト市原カップ&スポーツニッポン杯」京王閣FⅠナイター

伊藤温泉&京王閣ナイター

明日より「市営第1回」伊東温泉競輪FⅠと「サテライト市原カップ&スポーツニッポン杯」京王閣FⅠナイター場外発売です。

伊東温泉競輪場は、周長333mで、4コーナーからの 直線は46.6メートルと全国の333mバンクの中で2番目に直線が長く、どんな戦法の選手でも力を出せるバンク。2コーナーと4コーナーで外に膨らむ傾向があり、自力型はここで併されると不発の危険性が高い。捲りもバックで出切るか、3〜4番手をキープなら2センター辺りからの捲り追い込みが有利です。番手まわりでも4コーナーからの踏み出しで外に流れるため、3番手の内付き、中割りが穴目の狙いとなるようです。

1着の決まり手が、逃げ(24%)・捲り(37%)・差し(39%)
2着の決まり手が、逃げ(15%)・捲り(18%)・差し(26%)・マーク(41%)です。

京王閣競輪場は、周長400m、4コーナーからの直線が51.5mのバンクで、「東京オーバル京王閣」と名付けられています。
カント(傾斜角)は若干ゆるい感じで、捲りは3コーナーにかかると外に膨れやすいので要注意。直線で特に伸びることもありません。
ホーム側のメインスタンド(5階建て)の影響により、1コーナー付近が向かい風で2コーナーまで重くなり、先行選手はホームでしっかり踏まないと、カマされる懸念があります。
競りはルール上からイン有利ですが、2コーナーまで我慢すればアウトも好勝負。直線はどのコースも差がなく、力さえあれば3〜4番手でもチャンスがあるでしょう。

1着の決まり手が、逃げ(22%)・捲り(29%)・差し(49%)
2着の決まり手が、逃げ(17%)・捲り(17%)・差し(31%)・マーク(36%)となっています。