お知らせ

「サテライト山陽カップ・デイリースポーツ杯争奪戦」広島競輪FⅠ&「ベイサイドナイトレース・中日スポーツ賞」四日市競輪FⅠ+ガールズケイリン

%e5%ba%83%e5%b3%b6%e3%81%a8%e5%9b%9b%e6%97%a5%e5%b8%82%e7%ab%b6%e8%bc%aa

明日より「サテライト山陽カップ・デイリースポーツ杯争奪戦」広島競輪FⅠ&「ベイサイドナイトレース・中日スポーツ賞」四日市競輪FⅠナイター+ガールズケイリン場外発売です。

広島競輪場は、周長400mで4コーナーからの直線が57.9mとやや長めのバンクです。

1着の決まり手が、逃げ(19%)・捲り(34%)・差し(46%)
2着の決まり手が、逃げ(14%)・捲り(18%)・差し(30%)・マーク(38%)です。
捲りや追い込み戦法が有利なバンクと言えます。
以前は、どの戦法にも大きな偏りはなかったのですが、ここ数年ほどで様変わりしていて、「決まり手別1・2着」のデータを見てみると、捲りの決め手が他を引き離して第1位となっていて、しかも、「捲り―マーク」の並びで決まる回数が多い。
2位「差し―捲り」・3位「差し―差し」
反面、逃げ切り勝ちが4位「逃げ―マーク」に顔を出しているように、先行主戦のタイプには厳しい傾向が見られます。

四日市競輪場は、周長400mで、4コーナーからの直線が62.4m。平成9年に全面改修し、コーナー部分が短く400mバンクとしては直線が長いバンクに生れかわりました。

1着の決まり手が、逃げ(20%)・捲り(36%)・差し(45%)
2着の決まり手が、逃げ(17%)・捲り(14%)・差し(36%)・マーク(33%)です。
決まり手からみると先行は不利だが捲りは外に膨らまず、捲り追い込みも決まるようです。
直線が長いので3・4番手からでも脚をタメて回れば勝負できそうです。
地元選手のコメントから推理すると、早めに仕掛ける自力型の番手選手、横ができて中断をキープできる捲り選手が有利となるが・・・、いずれにしても500mバンクに近い直線の長さがあり、車券の狙い目は徹底先行の番手か、番手の選手が仕事をして3・4番手で脚をタメて回る選手となりそうです。